アウトバストリートメントを選ぶ前に知っておきたい成分のこと

エイジングケアの一環として髪のケアを見直したい方、まずはアウトバストリートメントの成分について知っておきましょう。

髪はもちろん頭皮にも嬉しい成分が配合されたトリートメントを選んだ方が、より効率よく確かなケアが叶います。

髪の太さや質感、ボリュームアップを叶えるためにはどんな成分を選んだらいいのかを、チェックしておきましょう。

おすすめのアウトバストリートメント成分とは?

髪のエイジングサインが気になった方は、下記の点に注意して選んでみてください。

  1. アミノ酸が含まれていること

髪の主成分はケラチンと呼ばれるタンパク質であり、ケラチンはアミノ酸によって合成されています。太く丈夫な髪には必要な成分のため、ぜひチェックしておきましょう。

  1. 頭皮にもいい成分が含まれていること

異なる性質を持った頭皮と髪を同時にケアしなければ、美しい髪をキープし続けることは難しいでしょう。

髪だけでなく、頭皮にも有効な成分が入っているか確かめてみてください。

  1. 植物由来成分が多く含まれていること

紫外線や乾燥、カラーリングなどを積み重ねた大人髪を優しくケアできるのは、ナチュラルな植物由来成分です。天然由来の成分で優しく労わってあげましょう。

成分は「サイズ」もチェックすること

いくら頭皮や髪に良い成分が含まれていても、肝心の角質層や髪の内部にまで届かなかったら意味がありません。粒子を極力小さくした、ナノ化製法を採用しているアウトバストリートメントを選んでください。

ナノサイズとは1mmを1/100万サイズにした粒子のこと。細い髪や頭皮の角質層に届くサイズであるのかも、同時に確認しておきましょう。

髪にもいい?頭皮ケアに必要な成分

髪質にこだわる方は、下記の頭皮に良い成分に注目してみましょう。

センブリエキス: 生薬として有名なセンブリは血行促進作用があるため、育毛にも欠かせない成分です

甘草エキス: スキンケア商品にも含まれる和漢植物であり、荒れがちな頭皮を健やかな状態に導きます

椿由: 古来より髪にツヤを与える椿の油は、乾燥しがちな頭皮も保湿します

柚子セラミド:椿同様保湿成分でありながら、独自のセラミド成分で頭皮と毛髪をケアします

まとめ

アウトバストリートメントは配合されている成分に注目し、エイジングケアに適したものを選んでみてください。

頭皮から毛先までトータルでケアできれば、年齢に負けない髪質を楽しめるようになるでしょう。毎日使うものだからこそ成分は妥協せず、頭皮や髪が喜ぶものを使用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。