髪が老化するのはタンパク質不足のせい!?自分でできるエイジングケア

若い頃より髪に元気がなくなったという方、その原因はタンパク質が不足しているからかもしれません。

髪のハリやコシ、ボリュームを取り戻したい方はぜひ、自分でできる有効なエイジングケアの方法を抑えておきましょう。

ハリやコシがなくなった!髪が老化する原因はなに?

髪も加齢によって衰えるため、30代を超えると老化してしまいます。特に女性はホルモンバランスの変化によって、髪にも変化があらわれるように。さらにストレスや飲酒、喫煙による血行不良によって髪に栄養が行き届かなくなるケースもあります。

食生活の見直しやストレスの改善で髪質が変わることもありますが、やはり大切なのは髪の主成分を補うこと。髪は「ケラチン」と呼ばれるタンパク質が主成分のため、タンパク質を合成するアミノ酸の補給を意識してみてください。

普段の食事にて肉類や魚介類、卵や大豆、乳製品などを積極的に摂取するようにしてみましょう。

アウトバストリートメントでアミノ酸を補給

食事にてタンパク質を摂取するほかに、外から栄養を補給するケアもおこなっていきましょう。

シャンプーやトリートメントを使用するのもおすすめですが、洗い流さないトリートメントならば、しっかりと髪に栄養を塗布することができます。

食事で摂取した栄養素すべてが髪に行き届くわけではありませんし、加齢によってますます髪は元気をなくしてしまうもの。

より積極的なケアで、若々しい髪を取り戻していきましょう!

髪にいいアミノ酸とは?成分をチェック!

アウトバストリートメントを選ぶ際には、配合されているアミノ酸の種類をチェックしてみてください。アミノ酸には多くの種類がありますが、髪質や発毛に良いといわれている下記の成分が含まれていることを確認しておきましょう。

 

アルギニン: 成長ホルモンの分泌を高めるため、育毛効果が期待できる

ヒスチジン: 髪のダメージを抑え、まとまりをよくする

アスパラギン酸: 新陳代謝を促進し、薄毛を予防する

グリシン: 抗菌作用があり、老化促進成分の発生を防ぐ

いくつものアミノ酸が配合されていれば、頭皮と髪に多くの栄養を与えることができます。アウトバストリートメントを選ぶ際には、ひとつの目安にしてみてください。

まとめ

髪の老化は誰もが避けられないことですが、有効なケアを積み重ねることで悩みを解消させることもできます。

アウトバストリートメントでアミノ酸をたっぷりと補給し、健やかで美しい髪を育んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。