髪のハリ不足におすすめなのはどれ?トリートメントの種類を解説

アウトバストリートメントにはさまざまな種類がありますが、自分にあった商品を選べていない方も多いかもしれません。

トリートメントの種類を解説しつつ、髪のハリやコシを求める方におすすめのアウトバストリートメントをご紹介します。

髪を乾燥から守る正しい使い方も解説しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

トリートメント3種類を比較!ボリュームアップ向けはどれ?

アウトバストリートメントには大まかに分けて、下記3つの種類があります。髪のハリやコシが物足りない方の視線にて、それぞれのメリットデメリットをまとめました。

  1. オイルタイプ

メリット:保湿力に優れ、ツヤを出したいときにおすすめ

デメリット:重みが出るため、髪がペタンコにつぶれやすい

  1. クリーム・ミルクタイプ

メリット:オイルより軽めの質感に仕上がる

デメリット:油分が多いため、頭皮近くには使用しにくい

  1. ミスト・スプレータイプ

メリット:霧状にて塗布できるため、まんべんなく栄養が補給できる。

デメリット:オイルやクリームに比べると保湿力が弱い

髪質が細く弾力がない方が、重みのあるオイルやクリーム・ミルクタイプを使用するのはリスクが高いかもしれません。ボリュームのないペタンコ髪になってしまいます。

軽めのミスト・スプレータイプのアウトバストリートメントならば、髪全体がふんわりとした仕上がりに。頭頂部にも成分を行きわたらせることができるため、ボリュームアップケアにもつながります。

スプレートリートメントの欠点を解消する方法

スプレータイプのアウトバストリートメントは、オイルやクリームに比べると保湿力の弱さが欠点といえるでしょう。そこで毛先や髪表面の保湿が足りないときには、オイルやクリームを少しだけ手に出し、気になるところにだけ塗布しましょう。

毛先だけオイルなどをもみ込んだら、ダメージを受けやすい髪の表面を手のひらでサッとなでてみてください。スプレーでしっかりとケアしたうえで、ほんの少しだけならば、ボディ用やハンドクリームで代用しても大丈夫です。

髪の乾燥が気になるときのみ、上手に使い分けてみてくださいね。

まとめ

ハリやコシがない髪にはスプレータイプで栄養を補給し、ボリュームを出すようにふんわりと整えてみてください。

ペタンとつぶれがちな髪が、活き活きとしたスタイルに変身するかもしれません!

自分にあったアイテムを正しく選び、髪を育みながら満足のいくスタイリングを叶えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。